つくし日記 ~日々の暮らしと翻訳と~

書くこと、歩くこと、自然を愛でることが好き。翻訳の仕事をしています。

迷走神経反射の謎

朝食を終えた直後に、迷走神経反射が起こった。

ごちそうさまをしたあとになんとなく変な感じがするような気がして、でも気のせいかなと思いつつ、少し座ったままでいたところ、ぐるりとおなかが動いたような気がして、下す?と思うと同時に、いや、吐くのか?という感じもしてたちまち気分がわるくなり、徐々に呼吸も苦しくなっていった。まずい、これは、時々起こるあれ(迷走神経反射)が来たか?と思う。失神すると危険なのでそのまま台所の冷たい床に寝転がる。大きく呼吸をしながら、気を失わないよう体に力を入れて不快感と闘う。しばらくしたら、楽になった。

私の場合、これが年に2、3回起こる。起こりやすいタイプなのかな。失神までいってしまうこともあれば、きょうのように失神せずに済むこともある。初めて起こったときはこれが何なのかわからず、とても怖い思いをした。いろいろ調べていくうち、(たぶん)迷走神経反射ってものだということがわかり、少しほっとした。

何度か起こって慣れてくると、その最中は苦しいが、しばらくすると治まることや、気を失っても意識は必ず戻ることがわかってきて、そこまで恐ろしいものではなくなった。

ただ、外でこれが起こると厄介なのね。すぐに横になれない場合もあるし、失神してしまった場合には周りをびっくりさせてしまうから。

電車に乗っているときに起こったときは、次の駅で何とか降りてその場にうずくまっていたところを、一人の優しい男性に助けられた。自販機で水を買って手に握らせてくれた。

医療関係のセミナーに参加したとき(医薬翻訳者をめざしていたころ)は、手術みたいなちょっと生々しい映像を真剣にみていたところ、次に気づいたときには椅子から転げ落ちて複数のお医者さんに囲まれていた(医療セミナーで幸いだった。講演者の先生には「ちょっと生々しすぎたかな」と謝罪されてしまった)。足にまったく力が入らずうまく歩けない私の両脇を支えて、横になれる場所に連れていってくれた。しばらくセミナー担当の女性がそばについていてくれた。

社会のなかには、心優しい人たちがいる。すっと手を差し伸べてくれる人たちがいる。とても素敵な人たち。躊躇することなくすぐに行動に移せる人を尊敬する。この感謝の気持ちを、「次は自分がそういう存在になる」という思いと行動に変えて生きている。


少し慣れてきたとはいえ、やはり怖いし苦しいし、下手をすると失神によってけがをしかねないので、できれば起こってほしくはない。何か対策はないかなと思って探っていたところ、tilt traning(定着した言葉ではないかもしれないが、ティルト訓練とかチルトトレーニングとかいう日本語があるらしい)というのを見つけた。しばらく続けていたこともあるが、迷走神経反射が起こるのは年に数回程度のことなので、起こらない期間が長くなるとサボリがちになる。

あるとき心理士の先生にも相談したところ、迷走神経の働きをよくする運動や、「ポリヴェーガル理論」なるものがあることも教えてもらった。この理論はちょっと難しいので勉強しなくちゃと思っていたのだった(きょう迷走神経反射が起こったので思い出した)。

いつもは何かしら誘因があることが多いのだが、きょうは、ふつうに起きてふつうに朝食をとった(ただ、いつもと異なることといえば、納豆の代わりに、昨晩の残りの肉野菜炒めを食べた)だけなのに、なぜこの症状が出たのか、謎である。


回復してから、いつものように、元気に散歩へ行った。